家族葬で身内だけの葬儀を執り行う~時間をかけたお別れ~

葬儀会場

専門業者に依頼する利点

ダンボール

遺品整理は引っ越しと違って家財道具の中から残すものと処分するものに分別する必要があり、この作業を身内がすると故人を偲ぶあまり作業が、はかどらないことが多いです。遺品整理の専門業者に任せる前に貴重品や思い出の品を回収しておくと、作業がスムーズに進みます。

詳しくはコチラ

増える可能性があるもの

香典

直葬が増えてきている要因は、金額が安くすむこと、信仰している宗教がないこと、人間関係が希薄ないことなどあります。直葬をするには注意しなければならない事がある事を忘れてはいけません。これからの日本では、ますます増えていく可能性があります。

詳しくはコチラ

長寿化がもたらしたもの

葬儀バッグ

高齢化した喪主の年齢

最近の主流になっている葬儀の方法には家族葬というものがあります。家族や親族だけでお見送りを行う葬儀の方法です。堺市でも家族葬で故人を見送る人が多くなってきています。この葬儀が主流になっているのには理由があります。それは見送る人も見送られる側の人も大変に高齢になってきている点にあります。長寿高齢化により平均寿命が高くなっている昨今亡くなる年齢が高齢化してきてしまい、見送る側もそれに応じて高齢化してきているためです。亡くなった人も高齢で見送る喪主の年齢も高齢ならば呼ぶ人がほとんどいなくなってしまいます。呼ぶべき人がすでに亡くなっているケースもたくさんあります。親戚も高齢で呼ぶことも気が引けてしまう親族も多く、気が付けば少人数の葬儀にならざるを得なくなってきています。

オーダーメードにもできる

家族葬は家族のわがままではなく高齢化による自然な流れになっています。堺市でも高齢化により喪主の年齢がだんだんと高くなってきています。見送る側も高齢になってきていることから通夜と葬儀の二日間、式場に向かう体力が続かないことから通夜を行わずに、葬儀をするだけでそのまま火葬を行う一日葬を選択する人も堺市には多くなってきています。家族葬には一定のプラン料金を設定して執り行っている葬祭業者が堺市にも多くなってきています。安くて簡単で手軽にできることで大変に注目を浴びていますがそれだけではなく故人をお見送りする儀式でもありますので、オーダーメードの形にこだわって行う家族葬も増えてきているのが今の家族葬です。

故人の遺品を片付けるには

ダンボール

最近、大阪では、遺品整理に参入する業者が増えている。このようにたくさんの選択肢がある場合、どの業者に依頼すればいいのか。人の死に関わる職業についている、という自覚を持った業者に頼むのがいい。いたわりの心をもって、きちんと見積もりをしてくれる業者なら、安心できる。

詳しくはコチラ